« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月

トップリーグ 第1話

全話見終わってから感想を書くつもりでいましたが、なんだか収集つかなくなりそうなので1話づつ上げることにしました。

第1話

深夜豪雨の中東京の埋め立て地で穴を掘り金庫を埋めている男性二人。
ドラマはこのシーンから始まります。

2014年
の文字が出ます。このドラマの始まりの年。
会社の粉飾決算のお詫び会見の場で取材をする記者、主人公の松岡です。            。
松岡は経済部で兜倶楽部詰め、栄転の内示が出ていますが、他社に引き抜かれた記者の後釜に突然政治部への移動が言い渡されます。
勝手の違う部署での取材、部長はトップリーグ入りを目指せと言う。トップリーグとは・・・政治家と彼らが見込んだ記者たちだけの集まり。お互い利用しあう間柄なんでしょうね。
政治部でとりあえず総理番となった松岡が様子を見るために官房長官に予定外の質問をしたことから官房長官に見込まれ声がかかります。
官房長官番となった松岡はトップリーグの仲間入りをします。

そして彼の同期で社を辞め週刊誌新時代の記者をしている酒井が絡みます。
酒井は埋め立て地から数十年ぶりに引き揚げられた金庫の中の紙幣、一億5千万えんの謎を追います。
現在使われていない聖徳太子の1万円札。数十年前に騒がれたクラスター事件(ロッキード事件がモデル・・・)の時の解明されていない筒見ルートの金と見込みをつけ・帯封の銀行の日本不動産銀行の元行員を取材しています。

酒井が取材していた日本不動産銀行の元行員久保が殺される事件が起こります。
数十年前の事件が現在の政治と繋がっている事を示唆して第1話は終わり。
松岡の家庭、共働きの妻と幼い娘の話なども少し。

松岡は玉山さん。同僚の記者に小雪さん。酒井の社の若い女性記者に佐久間由衣さん。
酒井は池内博之さん。官房長官近藤に小林薫さん。政治部長は陣内孝則さんなどお馴染の方々の出演です。

お話の導入部と言う事もあってstoryを追うだけで終ってしまいましたが、出演者の方々が達者だけあってそれらしく見えるし、まずまず興味を持たせる話になっていると思います。
原作は続編が出たんですね。ドラマも続編まで行くようですが読むのはやめておきます。ドラマで楽しめそうなので。



wowowで土曜日夜10時から放送中

Top2

宇野さんからのメッセージ

さっきtwitterを見ていて見つけたメッセージ。
宇野さんから名古屋第二赤十字病院「NICU同窓会」宛てに届いた素敵なメッセージです。
NICUは新生児集中治療室です。
宇野さんも小さく生まれた事は知っていましたが900グラムとは・・・
ご両親の心痛はさぞやと今更のように思いやられます。
今年の日めくりカレンダー「EVERYDAY SHOMA」の17日の名言
「誕生日は祝ってもらうより親に感謝する日」が心に沁み入ります。

https://www.instagram.com/p/B4HcvR6JK0A/?igshid=dahkhmnb2tfl

見づらいので上げておきます。一寸感動したので。

はじめまして、宇野昌磨です。子育てに頑張っている皆さまへ。
知人から僕と同じように産まれた子が集まる会が有ると聞き、どうしても応援をしたく
電報を送る事にしました。21 年前900gで小さく産まれた僕がここまで来れたのも、
両親の諦めない前向きな愛情があったおかげです。成長の何もかもが遅く両親は心配ばかり
していました。言葉が遅くても小さい頃の事は少し覚えています。
皆さんのお子様も小さく産まれた事をハンデに思わず、個性として成長を楽しんで下さい。
子供たちは記憶に残るのが母の笑顔だと嬉しいと思います。
産まれた時は生きてさえいればと言われた僕も今ではアスリートとして成長しています。
お子様の未来の可能性を応援しています。

平昌オリンピック銀メダリスト
宇野 昌磨

Photo_20191027234701

子どもたちへの応援メッセージ


もうひとつ、少し前の事になりますがついでに上げます。
本当に聡明で優しい昌磨君がいます。

https://kodomo-ouen.com/message/26.html




バナー

一昨日は天皇陛下の「即位の礼」で今年限りの休日でした。
こういう事の大好きな私、昔にかえったような御装束、髪型、そして威厳に満ちた両陛下のお姿。
雨だった事もあって一日TVはつけっぱなし、かなり草臥れました。
雨の一日でしたが「正殿の儀」が始まる頃雨が上がって虹が出たのにはびっくり、しかも皇居をまたいで虹が。
両陛下をお祝いするようなまあ素晴らしい眺めでした。

一日中と言いましたが宇野さんの関連の色々も合間にしっかり見ました(笑)
このところ気になっていたのがバナー。
フィギュアスケートに関心を持ってまだ1年と一寸。ずっと応援されていた方たちにとっては当たり前の事が珍しいにわかファンです。

banner
旗、横断幕
今まで一番身近だったのは箱根駅伝の各大学の幟でしたw

選手を応援するために演技が終って国旗の他に御贔屓の選手の名前の入った色とりどりのバナーが振られるのは壮観で中々綺麗な眺めですね。
私もバナー持って見に行きたい!実は今年フィンランディア杯に行こうと計画したのですが、体調不良であきらめました。
フィンランドには以前友人たちと、オーロラ見物を兼ねて行く計画があったのですがその時も私だけ同じ理由であきらめた過去が。
今年開催中に大きい緑のオーロラが見られたそうです。残念。昌磨君の今季最初の試合での勝利を祝してかななんて・・・・
オーロラが見られるのはもっと北かと思っていたのでなお残念。

で、今年のフィンランディア杯。宇野さんの今季初戦とあって何度見た事か。今季のprogramはフリー、ショートともに大好きです。
特にフリー、樹君が「昌磨の良いところがいっぱい詰まった」と紹介されていましたがその通りだと思います。歌も好きです。
なのでUPされた動画は毎日見て飽きる事がありません。宇野さん自身まだスタート地点にも立てていないと仰るように未完成でジャンプの転倒もあるのに凄く良い。完成されるのが本当に楽しみです。

やっと今日のお題のバナーのお話です。
飽きるほど見た(飽きてません)フィンランディア杯のフリーで気がついた会場で振られた黒地にピンクでShomaと書かれた素敵なバナー。
振っているのは多分ご姉妹と思われるお二人。何度もみているうちに前に見た事があるのを思い出しました。
どこだったか、と今度がエスポーだったのでヘルシンキの2017年の世界選手権かと思ったら違いました。
おなしシーズンのグランプリファイナルの会場に同じバナーを振っているお二人が。
マルセイユの開催なのでどこにお住まいなのでしょう。でもずっとファンでいらしてくださって嬉しいですね。
もしかしたら他の大会にもいらしているかも。今度気をつけて探してみよう・・・・

NBCの実況放送です。演技が終って総立ちの会場が写りますが日の丸に囲まれてピンクのバナーが。日の丸の中で振られていたので印象に残ったのだと思います。今見直したら演技が始まってすぐも写っていました。

https://youtu.be/jh_MDziMUVk


念のため今年のフィンランディア杯。同じく演技の始まりと終ってすぐです。

https://youtu.be/XLPEmB9oJb0



つまらないお話で失礼いたしました。
「トップリーグ」はとても濃い内容でさっとは書けないので落ち着いてまた上げます。
玉山さんはとても良いですね!

フィンランディア杯 スポーツ報知より 

20191011oht1i50257l

同じく会場から

Photo_20191025001601

いだてん 34回~38回

34回 226
35回 民族の祭典
36回 前畑がんばれ
37回 最後の晩餐
38回 長いお別れ

何と5回も感想を休んでしまいました。最新の39回を入れれば6回です。
もうこのままやめてしまおうか、と思っていたのですが、嘉納治五郎さんの死と葬儀は書きたいと思って、簡単ですがUPしました。
もう興味の無い方、このドラマがお好きな方はthroughお願いいたします。

34回のタイトルは 226 でした。
若い将校がなぜ決起したのか、あまりにうわべを撫でただけの描写でしたね。背景に何があったのか全く触れていないのにがっかりでした。
東京オリンピックがなぜ返上に追い込まれたのか、の導入部かと思われる回だし、オリンピック噺となづけたのなら時代背景をもう少し丁寧に書いて欲しかったです。

35回は民族の祭典 ベルリンオリンピックも同様でした。それぞれの国に起きた事を書くことでもう少し世界の歴史的歩みを書くことが出来たのに。
36回 前畑がんばれ 有名な前畑秀子さんの金メダル獲得の回でしたが騒々しいだけに終ってしまったような気がします。
孫、南のマラソンで金と銅を取った両選手にはさらっと触れていました。

37回 最後の晩餐 日中戦争が勃発、世界から日本に非難が集まり1940年の東京オリンピックの開催を巡って反対論が内外から強くなります。
嘉納治五郎はカイロのIOC総会に出席、非難が集中する中、オリンピックと政治は別力説、あらためて東京オリンピックは承認されます。
帰途についた治五郎は体調が悪くなり、横浜につく2日前に氷川丸の船上で息を引き取ります。

38回 長いお別れ 13年5月治五郎の葬儀が行われます。治五郎から動き続けるストップウオッチを受けついた田畑は彼の遺志を継ぐべくオリンピックの準備に奔走します。
しかし政情は厳しくオリンピックは7月、返上と決まります。返上すればいずれ再誘致の可能性があるという言葉は説得力がありましたね。
翌14年第2次世界大戦が起こります。そして日本は戦況悪化、徴兵猶予されていた学生に出陣の命令が下ります。学徒出陣ですね。
神宮競技場で壮行会が行われます。何度も古いフィルムで見た場面です。
治五郎がオリンピック開催の為に作った神宮競技場から学生を戦場へ送り出すことになった皮肉。
スポーツ選手も数多かった事と思います。
この回、落語パートでは古今亭志ん生が倒れ五りんの出生の秘密が明かされる話があります。

ここまで超簡単に片付けましたw

そしてここまで見て来て思った事はなぜ落語を絡ませたのか、と言う事です。
オリンピック噺と言うサブタイトルにもあるように落語で語らせようとしたのか、世情を書こうとしたのか、あるいはまったく別の意図からか、私にはわかりませんがいずれにしても成功したとは言えなのは視聴率が証明しています。
只ただ騒々しく「大河ドラマ」としての品格が無いと言ったら言い過ぎでしょうか。
オリンピックの話なら治五郎さんを前篇の主人公にしてはいけなかったかな、と思います。柔道の普及とオリンピック招致に生涯を捧げた嘉納治五郎さん、役所さんが嵌っていた事もあって魅力的でした。
そして後篇の田畑政治ですが一寸騒々しすぎてついて行かれません。実際の田畑さんもこのような方だったのでしょうか。

台風

台風19号

一夜明けてあまりの被害の大きさに茫然としています。

被害に合われた方、お見舞い申し上げるととともに一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

フィンランディア杯

優勝おめでとうございます。
ショートで2位、ご本人も調整不足と仰っていましたがフリーで大差をつけての逆転優勝おめでとうございます。
宇野さん自身は一寸不本意な出来だったかも知れませんが。でも他の選手も転倒多かったですねえ。
やはりシーズン初戦は調整が難しいのかしら。
まして宇野さんは環境が激変、programの出来上がりも遅れ調整不足だった中での優勝、本当におめでとうございます。

今季のprogram、どちらも大好きです。満足のいく仕上がりになった時どんなに素晴らしくなるか期待しかないです。
宇野さんが優勝して単純に嬉しくて昨夜は表彰式まで見てしまいました。

ただ一人でやれる、大丈夫と仰っていた宇野さんですが「気持ちを共感する人が要る」事に気づかれたみたい。
来季はメインコーチのもとで、と仰っていますね。

2位はショート1位だった山本草太選手。おめでとうございます。
怪我からの完全復活、これからが楽しみですね。

 

長谷部良太さんのinterview
宇野さんの現在の心境についてかなり詳し内容です。

https://twitter.com/beeeryo/status/1183078421980688384


Twi5_20191013214901

https://twitter.com/tsuyuha_skate

表彰式

https://youtu.be/lLaYw-TA59E


フリー

https://youtu.be/XLPEmB9oJb0


ショート

https://youtu.be/C_cE5SmjORQ

 

宇野さんフィンランドに到着 & Sportivaの記事

この週末に行われるフィンランディア杯から宇野さんの今季の試合が始まります。
フィンランドに到着した宇野さんのお写真をインスタグラムに上げてくださっているのを頂いて来ました。

Egyyd4pu0aahoe


https://www.instagram.com/hsk_yksinluistelu/


今季のprogram ショートもフリーも大好きです。
特にCllum Scott の Dancing On My Own。

宇野さんのシニアデビューだったトゥーランドットのvocalポールボッツはScottが世に出たイギリスのオーディション番組「ブリテンズ ゴッド タレント」の初代優勝者でした。なんだかご縁を感じるし、良い結果が出そうな気がします。

Sportivaの記事

宇野昌磨はコーチ不在でも孤独じゃない。リンクの熱気を力に変える。
5日ジャパンオープン、宇野は上着を脱ぐだけで大喝采を浴びた~

小西良之さんの記事です。

https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/othersports/figure/2019/10/09/___split_13/index.php

コーチなしで挑むシーズン、只見守る事しかできない身として少しほっとする嬉しい記事でした。
athleteとして結果を出さなければいけない中、どう理想と向きあって行くのか、ひたむきに生きている彼に良い結果が出ますように祈るばかりです。



楽しむ~宇野選手のたどりついた境地

5日土曜日に開催されたJapan open

シーズン最初の国際試合、はじめて披露されるprogramもあって魅力ある大会ですが。
最初この大会の位置づけが良く分からなくて・・・一応競技形式で争われるし「国際大会」であるし、でも記録は非公認。
そうですよね男女のsingleだけだし3地域だけの参加でopenと言うだけあってプロと一緒の出場で争われるし。
まあ良く分からないままですが、選手たちの新programを楽しみました。
宇野選手のフリー。Dancing On My Oun 
当然編曲されていて最初はピアノの美しい演奏、後半からCalam Scott の歌に乗って美しい宇野さんのskatingを楽しみました。
準備期間が足りなかったという宇野さんの言葉通りまだ未完成ではあったけれど、滑り込んで行った先が楽しみなprogramでした。

今日AERA dotの記事を読んで昨シーズン以来の宇野さんのスケート競技にかける思いを知って一寸複雑な思いをしています。
こんなに悩んでいたのか、とも思ったし、満知子先生の許を離れる決断に至るまでどんなに葛藤があったのか、と思うと当然かなと思うし。
宇野さんのathlete魂に惹かれてファンになったのですが、見ているうちにartistとしての才能に気づかされていたので当然の悩みかと納得も出来るし。

お読みになった方も多いかと思いましたがとても気になる記事でしたので上げておきます。

宇野さんの言葉の一部です。

昨期は辛い試合が多かった~終った後、すごく嬉しかったという機会も少なかったし、楽しかった試合も無かった
折角こういう大きい試合を滑る良い機会を手に入れたのにあと何年も辛いとか苦しいと言う思いだけで良いものかなと言う事を考えた

そしてジャンプと表現の間での悩み

記事は次の言葉で終っています。

悩みに悩んだ末辿りついた境地
辿りついたと言うより彼にとっては原点回帰なのかな

「練習の半分できれば、試合で楽しんで行きたい」
その技術力と芸術性が高いレrベルで発揮されれば楽しんで試合を戦うことがでいるだろう」

AERAの記事です。

https://dot.asahi.com/dot/2019100700007.html?page=1


前後しますがJapanopen前のinterview記事

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191004-00000079-sasahi-

中日スポーツ

https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/figure/news/CK2019100402100053.html

「スポーツは真剣勝負の先に見える美しいもの」
と云った彼の望み通りの競技生活を送ってもらいたい、と切に思います。


Japan open で。
どきっとするほど綺麗!

Tw5s

Japan open

お披露目された新フリー
TV観戦ですが素晴らしかったです。
ジャンプの失敗はありましたが、美しく優しい素敵な世界を見せてもらいました。
やはり日程的に滑り込みが足りなかったのでしょうか。これから仕上げて行けば素晴らしいものになりそう。
あれだけずーっと滑っていたら体力的にきついだろうなー、と。
キスクラで一寸疲れた様子でしたね。でも本当にこれからの期待感しかないフリーでした。

interviewです
練習よりもおぼつかないところが沢山出た、ジャンプの難易度を下げたけれどまとめる事が出来なかった~これから少しづつ上げていけたら良い。
と冷静に語っていた宇野さん。
本当に楽しみに応援して行きたいと思います。

Tw4
スポーツ報知 矢口様よりお借りしました。

「フィギュアスケーシーズンガイド」の宇野さんの記事の後にデイヴィッドウイルソンさんのinterviewが載っています。
アーティスティックな魂を探求する旅へと副題にあります。
ウイルソンさんがこのフリーの振り付けにどのような気持ちを込めたか、選曲のいきさつ、そして宇野さんの素晴らしさについて語ってくださっています。
宇野さんのスケーティングがなぜこんなに私の心をとらえるのか、とても良く分かりました。
1ページだけですがそれだけでもこの本買って良かった、と。

そして今日はwowowのトップリーグの第1回の放送でした。

トップリーグとは何?と言うまだ導入部と云った回だったような。
落ち着いてまた見直して感想上げたいと思っています。

玉山さん新interview & 昌磨さんとミズのコラボ商品& Japan open 追記あり

また玉山さんのinterview記事です。
一寸切り口が違うかな、と思って取り上げました。
お暇でしたらどうぞ!

エンタメOVO

https://tvfan.kyodo.co.jp/feature-interview/interview/1201915

 

ミズノさんと昌磨さんのコラボ商品の売り出し、今日の正午からでした。
前回、私だけシューズとシャツを買ったら娘となんと夫まで欲しい!と言うので・・・フラッシュで字が浮き上がるのが見たいんですって・・・
で買いに行きましたがアクセスが集中しすぎたのかサーバーダウン!
決済まで行ったのにそこから動かず・・・・
一度はあきらめましたがカートの中に入ったままなのが気になって夕方行ってみたらなんとすんなり買えましたw
それにしても昌磨さんの人気凄い!

そして明日は Japan open

はじめて披露される宇野さんの新フリー
「ショー用のリンクではあの曲では~」、とはどうなっているのか、待ちに待ったお披露目です。
ショーには行かれませんが情報が上がるのが楽しみです。

その前日の公開練習のニュース

一人!とか黙々と!とか、なんだか胸が痛くなるような・・・とは思うもののこちらの勝手で昌磨さんはそんな感傷もうとっくにどこかへ置いて来てるでしょうに、とは思うもののやはり胸が痛い・・・
色んなメディアが報じています。


中日スポーツ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191004-00010033-chuspo-spo

スポーツ報知

https://hochi.news/articles/20191004-OHT1T50078.html?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter

昨夜入れなかったAERA、とても詳しい情報が載っています。
一人になってみてコーチがいるのも良いと思う・・・

https://dot.asahi.com/wa/2019100400079.html?page=3

連盟の小林強化部長さんが見守っていらっしゃいました。

Ae

トップリーグ完成披露試写会

昨日のトップリーグ完成披露試写会の様子ですが、動画が玉山さんの公式から紹介されています。
7分半ほどですからほんの最初の方だけと云った感じもしますが、まあ大体の様子はわかるかと。

https://www.youtube.com/watch?v=QMOoqqbYBeE&feature=youtu.be


記事もいくつかご紹介しておきます。

マイナビ

https://news.mynavi.jp/article/20191001-902433/

シネマライフ

http://www.cinema-life.net/p190930_tlev/


日刊スポーツ

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201910010000070.html


原作もまあ面白かったし、俳優も良いし、後は脚本と演出ですが。
期待して良いでしょうか・・・

Top3

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »