« 明日からグランプリファイナル | トップページ | トップリーグ第3話 »

題名の無い音楽会

昨日放送の題名の無い音楽会、興味深く見ました。

現在の日本のトップ4人の選手の今季のフリーをオーケストラに代えてみると言う試み。
選手たちが滑っている映像を見ながら演奏を当てはめて行くのですが素敵でした。
一流の音楽家による演奏はさすがでしたね。
特に羽生選手のoriginは私はこちらの方が素敵かな、と思ってしまいました。

只宇野選手の場合、映像に合わせて演奏するのでなく、この演奏で滑って貰いたい!と思いました。
昌磨君は曲の背景などを調べず、自分の聞いたまま、感じたままを滑る、と聞いたから。
カラムスコットの素敵な歌とは全く違うこれもまた素晴らしいアルトサックスとピアノの演奏で宇野さんのスケートを是非見たいです。
どんな世界がそこにはあるかしら、と想像しただけでわくわくしてしまいました。

スイスで良い練習出来ているでしょうか。
昌磨君のいないグランプリファイナル、寂しかったです。

« 明日からグランプリファイナル | トップページ | トップリーグ第3話 »

宇野昌磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 明日からグランプリファイナル | トップページ | トップリーグ第3話 »