« 昌磨君からのメッセージ | トップページ | 明けましておめでとうございます。 »

トップリーグ第4話

大晦日の夜、家族は紅白だ、がきつかだと常に無くテレビの前に居りますがw
私はとりあえず「トップリーグ」の続きを・・・

第4話
この回から進展と言うか内容がかなり濃密になったような気がします。
酒井が襲われて生死も分からない重傷を負います。
松岡は酒井のあとを引き継いで記事を書くことを決心、近藤に裏金への関与を尋ねますがそこへ阿久津が現れ同席します。
近藤は裏金が問題となれば子育て支援の財源にもかかわって来ると、これは恫喝ですよ。
その上松岡の娘が何者かに突き飛ばされる事件が起こります。松岡は記事を書くことをあきらめます。

そして5年後
阿久津は専務に、松岡は部長に昇進トップリーグの頂点に立っています。
松岡の同期の灰原が政治部に異動してきます。
灰原はかつての松岡と同じやり方で近藤の目にとまります。

命を取り留めた酒井は今は塾の講師をしています。
助手をしていた康恵は筒美ルートの記事を追おうと云うのですが酒井は聞きません。
元銀行員殺しを追っていた柴田刑事が別件で追っていた男の部屋から2000万円の現金が見つかり、これは男が政治家の私設秘書の車から盗んだものと判明。柴田は筒美商会の移転先も見つけます。

一方民政党も芦原総理が窓口で不正献金があると内部告発があり、近藤は支持率が下がり気味の民政党の責任を総理に押し付けて不正献金も総理の責任として辞職させようともくろみます。

近藤さんの凄さが毎回エスカレートして行きますね。
後半かなり面白くなってきました。
子供に被害が及んで記事掲載をあきらめた松岡はいつ再び真実の追求に立ち戻るかの興味はありますね。
だってそうでなければお話になりませんものw

お正月に夜にでも5話と最終回をupします。
宇野昌磨君に現を抜かして全く玉ちゃんには申し訳なかったです。せっかく面白いドラマの主役だと言うのに・・・・



お忙しい大晦日の夜にお越しいただき有難うございました。
また来年も玉山さんと昌磨君の事を中心に感じたことなど書いていきたいと思っていますのでよろしくいお願い申し上げます。

どうぞ良いお年をお迎え下さいませ。

 

« 昌磨君からのメッセージ | トップページ | 明けましておめでとうございます。 »

TVドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昌磨君からのメッセージ | トップページ | 明けましておめでとうございます。 »