« 題名の無い音楽会 | トップページ | ユースオリンピックの昌磨君 »

トップリーグ第3話

第3話

松岡が近藤と会っているところに酒井が取材に来ます。近藤は単独では取材に応じないと言い、酒井はお台場の泉を知っているかとだけ質問して去ります。
松岡は意味がわからない。

酒井は筒美商会を張り込み与党民政党議員の私設秘書が出入りし裏金を運んでいるのを突き止めます。
この件を総力で取材する新世界編集部。
一方酒井は松岡に何故近藤に気に入られたか編集長の阿久津に聞けと言います。
政策記者として取り組んだ子育て支援に関する特ダネが他社から出て同様する松岡ですが誤報とわかり、松岡は近藤の斡旋でその件に関する独占インタビューの記事を書きます。

一方酒井は近藤の会見から松岡がお台場の金庫について質問したせいでとりたてられた、気づきます。
警戒して自分の近くに置く為に取り込んだと。
近藤が一時党の裏金の金庫番だった事も明かされます。

酒井は松岡に阿久津と近藤に気をつけるように云います。
そして今回酒井が新聞社を辞めた理由が明かされます。

政治家の娘と結婚していた酒井は妻の父が亡くなり跡をついで政治家になれ阿久津に勧められたのでした。
政治と新聞が結びつけば世論を支配できると云う理由で。

新世界の誤報がスクープされ筒美ルートの取材は潰されてしまいます。
この件を捜査していた警視庁にも圧力がかかり酒井と協力関係にあった柴田も捜査を打ち切るよう指示されてしまいます。
酒井は筒美商会へ向かおうとした時何者かに襲われ重傷を負います。
病院へ駆けつけ茫然とする松岡。
何もかも民政党の政治資金の裏金を巡って近藤の関与をかなり露骨に匂わせて話は進みます。

裏金とか●●ルートとかいかにもありそうで中々面白く見せて3話は終わりでした。

 

« 題名の無い音楽会 | トップページ | ユースオリンピックの昌磨君 »

TVドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 題名の無い音楽会 | トップページ | ユースオリンピックの昌磨君 »