« オランダからのお知らせ | トップページ | チャレンジカップ SP »

麒麟がくる 第5話

第5話 伊平治を探せ

光秀は鉄砲が実戦には色いろ欠点があって不向きだと思い改良したいと考え、幕府が鉄砲を大量に作っている理由を知りたい道三を説いて鉄砲作りの鍛冶師伊平治を訪ねます。
しかし伊平治は京へ行ったとか、探してどうやら本能寺に居ると聞き訪ねた門前で不審に思った将軍の警護の細川藤孝と斬りあう事に。
藤孝を止めたのは以前出会った三淵藤英で藤孝は彼の弟でした。
将軍義輝も登場します。
太刀筋から二人は同門、鹿島新当流だとか。鹿島新当流は塚原卜伝が興した剣術の流派で義輝も卜伝の高弟でした。
光秀は鹿島新当流と言う事のようです。

三淵藤英、そして松永久秀とも再会した光秀。幕臣の藤英も幕府の重臣三好長慶の家老久秀も鉄砲を欲しがっています。
久秀は鉄砲の必要性を説きますが、強大な武器の持つ牽制論はなんだか現代の核の抑止力を説いていあるような・・・
伊平治を知っているという久秀に連れられ行った先は遊里でした。
遊里の描写はかなり大胆です。
そこで出会った伊平治は以前光秀若い頃、井戸に落ちたのを助けた男でした。
伊平治は鉄砲を作る事を承知します。

京の雑踏の中で東庵とともに京へ帰って来た駒が光秀を見かけるシーンも入ります。

あらすじを簡単に書きました。
登場人物の紹介が個性的で、実年齢を考えなければ中々面白い展開だったかと思います。
吉田鋼太郎さんは道三でも良かったのではと思いながら見ていました。

視聴率が下がり続けていますが、時代背景、登場人物の紹介のような回が続いたので退屈に思えてしまうのだと思います。
舞台が美濃から移って来れば面白くなるのではないかと期待した回でした。

藤孝 真島秀和  将軍義輝 向井理 


« オランダからのお知らせ | トップページ | チャレンジカップ SP »

麒麟がくる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« オランダからのお知らせ | トップページ | チャレンジカップ SP »