« 玉山さんの新コマーシャル | トップページ | オランダからのお知らせ »

麒麟がくる第4話

第4話 尾張潜入指令

小見の方の容態が良くなった為東庵は京へ戻る事になります。
道三は彼が尾張へ向かう事を察知、織田信秀の様子を探って来るよう言います。
患者の容態を話すわけにはいかないと断る東庵に怒った道三は光秀に殺せと命じます。
東庵は尾張へは双六で負けた金を払いに行くのでその金を薬礼に上乗せしてくれるのなら探って来ると言います。
道三は承知したものの美濃へ戻って来なければ駒を殺す、と脅します。

尾張へ行く東庵、そして光秀は菊丸と二人薬草売りになって尾張へ。
信秀に会った東庵は道三の命令を打ち明け借金を肩代わりしてもらった事も言ってしまいます。
信秀は肩の傷を見せもう痛みは殆どないが毎晩寝汗をかき悪夢を見ると言います。
一方薬草を東庵に届けに来た、と言って城内に入った光秀たちは一人の少年に会います。
少年は二人に刈谷まで連れて行って欲しい、母上に会いたいと言うのですが事態を察した光秀は彼に時を待つようにさとします。
のちの家康ですよね。

そして東庵は二人に薬草の効能で巧みに信秀の容態を説明、勿論密書も隠して手渡します。
信秀は二人の後をつけ怪しいそぶりがあったら殺せと命じます。
山中で追手に襲われた二人は何者かが石を投げて助けられ尾張へ帰着。
駒は解放されますが、喜ぶ光秀にそんなに私がいなくなるのが嬉しいのか、とすねて尾張に残ると云うのでした。

光秀は幕府が鉄砲を作らせている事を聞き、誰が作っているのか気にしつつ鉄砲の稽古に励みます。
とまあこのようなお話でした。

4話になってもまだこれと云った進展はなく、話の進行にスピード感が感じられません。
幼い頃の家康を出したり、怪しまれずどこへでも出入りできる「名医」を登場させたりそれなりに工夫はしているとは思いますが、
言っちゃ悪いですが少々退屈。
出演者もそれなりに良い演技をしているとは思いますが、地味なのかな、あまり魅力が・・・

期待が大きすぎたのかも知れません。
斎藤家の内紛で光秀が美濃を離れてからが面白くなるのかと思いますが、それまでかなりかかりそう。
我慢出来るかしらん。

 

« 玉山さんの新コマーシャル | トップページ | オランダからのお知らせ »

麒麟がくる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 玉山さんの新コマーシャル | トップページ | オランダからのお知らせ »