« 麒麟がくる 第2話 追記しました(4日) | トップページ | スイスからのお便り~樹さんのtweetより »

麒麟がくる 第3話

第3話 美濃の国

織田との戦いは斎藤方が勝利しました。
帰蝶が光安の見舞に来た途中足に怪我をして光秀の家で駒に手当てをして貰います。
その時以前帰蝶が光秀の家に数年いた時牧の話した昔話が駒が幼い時助けてくれた侍に聞いた話と同じでした。
駒はその侍が美濃の人ではないかと思うにでした。

道三は義龍を連れ頼芸に再び守護の座に着くように言うが頼芸は殺されたくないからと断る。
道三は操り人形は殺さない、としれっと返します。
二人の帰途頼芸は義龍を呼びとめ「わが子と思っている・・}と思わせぶりに言う。
義龍の母深芳野は元頼芸の側室でした。自分の父が誰かと問う義龍に深芳野は殿に決まっているとにべもなく答えます。
頼芸は道三から実権を取り戻そうと織田に使者を送ります。

光秀は義龍と鉄砲の試し打ちに出かけ、その時義龍は父道三の力づくの政治を批判、
いざという時は力を貸して欲しいと云うのでした。美濃を麒麟の来る国に!

織田信秀が頼芸の使いを受けた頃、今川義元が三河に兵を出した、との知らせが入ります。

ざっと第3回のあらすじでした。

まだこの頃の美濃、尾張、そして駿河に至る国々の紹介そして将来の伏線編のような感じを受けました。
守護の土岐家、守護代の斎藤道三などを取り巻く人間関係の紹介が主だったような。
まあ誰でも知っている国の話ではないので仕方ないでしょうね。

第11回の大河ドラマ「国盗り物語」の舞台と重なる回が続きますね。
私は実際の放送は見てはいましたが断片的な記憶しか無く、後で総集編のDVDを見ました。
すごく面白かったし出演者も素晴らしい顔ぶれでした。
なので私の中では光秀は近藤正臣さん、道三は平幹二郎さん。信長は高橋英樹さん、帰蝶は松阪慶子さん。
どうしても比べてしまって・・・
まあ松阪さんも高橋さんも、近藤さんもまだ新人のうち、若くて美男美女揃い、一寸分が悪いかも。

脚本は池端さんですし、長谷川さんも年齢的に無理のない時代に入れば、と期待はしています。

« 麒麟がくる 第2話 追記しました(4日) | トップページ | スイスからのお便り~樹さんのtweetより »

麒麟がくる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 麒麟がくる 第2話 追記しました(4日) | トップページ | スイスからのお便り~樹さんのtweetより »