« 麒麟がくる 一時撮影中止 | トップページ | 世界選手権2018年のミラノ »

麒麟がくる 第11話

第11話 将軍の涙

前回、今川に捕えられた信長の兄信広と三河の松平竹千代との人質交換の話が持ち上がりました。
どうしたいかと聞く信長に竹千代はどちらでも構わない、今川は敵!だから懐に入って敵の顔が見たい、と答えるのでした。
人質は交換され、今川に入った竹千代は出された食事に手もつけずいつ三河に帰れるのかと聞きます。同席していた太源雪斉は「悪しき織田を倒したら」と答えるのでした。
前回から2回にわたって、この8才の若君・・・・もう見事に徳川家康ですね。

竹千代を手放した織田は劣勢に回り美濃の斎藤に援軍を求めて来ます。
織田と同盟した道三を息子高政や家臣の稲葉は非難し、道三は援軍は出せないが米を送る事にして光秀にその使者を命じます。
信長は和議へ持ち込む事を考え光秀に仲介役を振って来ます。
那古野城での信長と帰蝶の仲良さげな様子を見せる半面、事態によっては命の危ない帰蝶の立場にもふれています。

光秀は道三に和議の仲介の件を話しますが道三は仲介料を惜しんで話に乗りません。
困った彼は道三の息子高政になんでも言う事を聞くからと言って守護の土岐頼芸への口添えを頼みます。
高政はもし道三と頼芸の間が悪くなったらお館様の味方をするかからと言って将軍家への依頼を承知させます。

光秀は京へ、しかし管領の細川晴元が家老の三好長慶の反逆で京を追われ、将軍義輝も近江へと所在を移して居ました。
運よく旧知の細川藤孝に会った光秀は将軍に謁見することが出来ました。
以前京で三淵藤英のもとで会った光秀の言葉を覚えていた義輝は「安らぐ世にした為政者の許には霊獣の麒麟が現れると聞いたが、自分はまだ連れて来る事が出来ない」(かなり意訳してます)と涙します。
義輝は今川、織田両家に和議に応じるよう命じる使者を送る事を承知するのでした。

光秀東奔西走の回でした。

« 麒麟がくる 一時撮影中止 | トップページ | 世界選手権2018年のミラノ »

麒麟がくる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 麒麟がくる 一時撮影中止 | トップページ | 世界選手権2018年のミラノ »