« Now Voice 新着 | トップページ | 昌磨君の話題色いろ twitter などから »

麒麟がくる 第24回 & 昌磨君のtweet

第24回 将軍の器  

麒麟のあらわれる穏やかな治世を夢見ていた将軍義輝は三好長慶の子義継の軍勢に襲われ討ち死にします。
母と出家していた末弟もともに殺されました。
空位となった将軍の座に三好は義輝の従弟阿波の義栄を立てようとします。
そして直系の義輝の弟で出家していた一乗院門跡の覚慶を幽閉。
覚慶を訪ねた久秀は将軍になる気はあるか、と問う。
出家した身には武家の棟梁になる資格は無い、只死にたくないと答えます
覚慶は久秀の意を受けた三淵藤英、孝らに救出され甲賀の和田家に身を寄せます。

義輝暗殺の報を聞いた光秀は上洛します。
良いから行かせてやれと言う義景。何か考えがあるようです。
光秀は大和へ行き久秀を問い詰めます。
久秀は詰問する光秀に意外な事を言います。将軍がいなければ我らhh滅ぶ
そして覚慶を知っているか、と問う。
戸惑う光秀に朝倉義景から書状が来ている、覚慶が将軍の器に相応しければ越前に引き取っても良い、と。
光秀に確かめて来るようにと言う書状でした。

そして光秀は甲賀へ。

一方近衛前久は将軍職にどちらを選ぶか迷っていました。
東庵の家で伊呂波太夫に会った前久は太夫の言うように武家の事は自分たちには関係のない事と割り切って義栄を将軍にと帝に奏上します。

覚慶に会った光秀は、将軍職に就くことをためらう姿に失望します。
藤孝兄弟に義景に口添えをと頼まれる光秀ですが、越前に帰り義景に「あのお方は将軍には相応しくない」と報告するのでした。

今回は13代将軍義輝の襲撃から空位となった将軍職を巡ってのちに義昭となる覚慶の話へとなって行きます。
これまで持っていた義昭のイメージとは一寸違ってこれからどのように書いて行くのか、それともこのcharacterを元に作り上げて行くのか、興味があります。

しかし前回、今回と義輝の死を巡って言われているような立ち回りが無かったのは一寸残念でした。
塚原卜伝の弟子でかなりの使い手と言われている義輝の最後はもう少し派手に描写して貰いたかったです。
大体が地味なこの作品。国盗り物語で使ったような畳に刀を突き刺し取りかえ取りかえ戦ったと言われる説を採用して欲しかったです。

 

 

 

スイスから昌磨君のtwitterが。
自由人(メインは樹時々昌磨)

こんばんは、昌磨です
スイスでも、日本に居るかのように楽しみも
作っています!
見て下さい!

#インスタントばかりじゃない
#レトルトも食べてる
#全部日本からのだけど
#ご飯は炊いてる
#スマブラハウス
#宇野昌磨
#おじげーみんぐコラボ

@jumokuno0108



« Now Voice 新着 | トップページ | 昌磨君の話題色いろ twitter などから »

宇野昌磨」カテゴリの記事

麒麟がくる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Now Voice 新着 | トップページ | 昌磨君の話題色いろ twitter などから »