« ラインスタンプ & エマちゃん訓練中 | トップページ | テレビ放送 のお知らせ(お写真追加しました) & トロちゃん買い出しに行く »

麒麟がくる 第29回

第29回 摂津晴門の謀略

将軍義昭の御座所本圀寺が襲撃された事から信長は将軍を守る為に城を作る事にし工事を急がせます。
庭石や調度品などを寺社から徴収、そのため襖絵取られた寺の僧が返して欲しいと献金して陳情に来ます。
義昭から少しづつ返すように、と言われますが献金を懐に入れてしまいます。

お傍衆となった光秀は伊呂波太夫に呼びだされ近衛前久に会います。
前久は義栄を将軍に推した為朝廷を追われ身を隠していました。
前久は今の幕府の役人は私利私欲しか考えない者ばかり、帝を守ると言う本分を見失っている。
それを変えられるのは信長しかいないと言うのでした。

前久の話を聞いた信長は、朝倉と戦う為に美濃へ帰るので幕府の事は光秀に任せる、
柴田勝家と藤吉郎を上手に使ってやるようにと言います。
信長は幼い頃父信秀から聞いた言葉を思い出します。
「この世で一番偉いのはお日様。次に偉いのは帝。その帝をお守りするのが将軍」
しかし最近の将軍は帝をお守りするのを忘れている、だから自分がお守りする、そして御所の塀の修復の為4千貫文を送ったがまだその塀を見た事が無い妙じゃと言います。
将軍の居城二条城は信長の宣言通り2カ月余で完成。
信長は築城の為大工、職人などを近江から寄越してくれた妹お市の婿浅井長政を光秀と藤孝に引き合わせます。

光秀に義景の事を聞きたいから美濃へ戻って来るように言い信長は岐阜へ帰って行きます。

忘れていました。義昭と駒は貧しい人の救済のための施設を作ろうと意気投合
駒が丸薬作りに励むエピソードがありました。


今回は信長が上洛、義昭が将軍の座に着きます。
将軍を飾り物にして私利私欲をほしいままにしてきた幕府の役人の実態を晴門を中心に書いた回かなと思いますが。
鶴太郎さんの晴門、熱演ですがいかにも典型的な小悪人の描写で一寸興ざめでした
藤吉郎のオーバーな演技も。只私の好みに合わないだけなのかも知れませんが。


« ラインスタンプ & エマちゃん訓練中 | トップページ | テレビ放送 のお知らせ(お写真追加しました) & トロちゃん買い出しに行く »

麒麟がくる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ラインスタンプ & エマちゃん訓練中 | トップページ | テレビ放送 のお知らせ(お写真追加しました) & トロちゃん買い出しに行く »