« スケートラボ橋口さんのお話 asahidjitaru & twittwe | トップページ | Now Voice 好きになれないもの 行ってみたい国 »

麒麟がくる 最終回

最終回 本能寺

武田家滅亡後、家康は信長に安土に招かれます。
その饗応役に家康から指名された光秀ですが些細なことで信長の不興をかい役を解かれます。
親しかった四国の長宗我部を信長が討つことを命じられ、さらに義昭を殺せと命じられます。
すべては義昭から始まっている。と信長は言います。
光秀に「そなたとは長い戦をしてきた、10年か、15年か、義昭を討てばすべてが終わる、ともに茶でも飲もうではないか」
しかし光秀は断ります。

殿は変わってしまわれた、という光秀に自分を変えたのは光秀だと信長は言います。

信長から義昭を殺せと命じられた光秀は、藤孝に会うのですが藤孝の態度はあいまいなまま。
しかも藤孝は秀吉にそれとなく何か起きるかもと伝えます。
したたかに生きた藤孝がここで少しですが書かれています。

丹波に帰った光秀は帰蝶の「作った者が後始末を・・・」の言葉を思い出していました。
信長を討つ事を決心した光秀、3人の重臣たちも従う覚悟を決めていました。
そして家康の使いで菊丸が。家康に敗れた時のあとを託す光秀。

遂に光秀は本能寺へ!
襲撃の知らせを聞いた信長は是非もないと呟き炎の中に!
門前で様子を見つめる微動もしない光秀。

再放送を見ながらこれを書いています。
とても悲しい。悲しい結末でした。

しかし本能寺に変から3年。
義昭を訪ねた駒は光秀に似た人を見かけ跡を追いますが見失います。
最後は山道に馬を走らせる光秀の姿で終わっています。
根強く残る生存説をにおわせて終わったのでしょうか。
なんとも解釈できますね。

麒麟の来る国は家康に託した光秀ということでいいのでしょうか・・・
少なくとも家康の開いた徳川幕府は280年の平和をもたらしたのですから。

この作品、面白かったかどうか、コロナのため制作中断されたことは残念だったと思います。
私には前半に尺を取りすぎて後半駆け足になったように思えました。

出演者の方は長谷川光秀も染谷信長も風間家康もそのほかの方々もみな良かったと思いますが、
私の中で一番は川口春奈さんの帰蝶、美しく、気品もあり素晴らしかったです。もっと見たかったです。

第1回から全部録画してあります。暇を見てもう一度見るつもりなので又この作品について書くこともあるかもしれません。
1年近くつたない感想を見てくださったかた、有難うございました。


 

 

 

 

« スケートラボ橋口さんのお話 asahidjitaru & twittwe | トップページ | Now Voice 好きになれないもの 行ってみたい国 »

麒麟がくる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スケートラボ橋口さんのお話 asahidjitaru & twittwe | トップページ | Now Voice 好きになれないもの 行ってみたい国 »