読書

手紙

数日前TV東京でスペシャルドラマとして「手紙」が放送されました。

玉山さんファンでしたらご存じ「映画、手紙」と同じ東野圭吾作同名の小説のドラマ化でした。
このblogでも2度取り上げていますのでお読みくださった方もいらっしゃるか、と思います。
「手紙・・・小説と映画」他
私は映画の印象が余りに強く、特に玉山さんが演じた兄の演技に感動した為ドラマは見ませんでした。


ドラマを見た家族の感想は・・・
主人公の職業はじめ設定は原作とかなり変わっていたそうですが、それでも最近ではまあ良いドラマでは無かったかな、と言う感想でした。
そして又映画を見たい!と言う事で先ほどまで家族と一緒に見たのですが、これが大失敗。最後は涙無くして見られない始末でした。この映画は一人で見なくては・・・
映画そのものの出来も良かったですがやはり何度見ても感激する玉山さんの演技。
あの涙の演技は何なのでしょう、完全に役に憑依してしまったのかしら。
もう「演技」とはいえないような。
玉山さんだけでなく山田さんも沢尻さんも良かったですねえ。
3人とも20代前半?若いのに凄かったです。
脚本、演出も良かったのでしょうね。

玉山さんには又このような良い役に巡り合っていただきたいと思ったものでした。
今更ですが又取り上げてしまいました。

T005a  T008a

星守る犬ノベライズ(映像と読書)

先日CATVで星守る犬の映画が放送されました。

ファンならご存じ、玉山さんの出演作です。
ストーリーはこのblogでも取り上げましたし勿論皆さまご存じと思いますが簡単に。
北海道のキャンプ地で置き去りにされた車の中から死後1年半程経った身元不明の男性の遺体と近くにこれは死後数カ月の犬の遺体が発見されます。
始末を任された市のケースワーカー奥津は僅かに残された数枚のレシートから身元を探す事になります。
奥津は両親に先立たれ育ててくれた祖父母にも早く死に別れ犬と暮らした過去を持っていて、子供の頃余り犬にかまってやらなかった後悔の気持ちを持っています。

奥津が玉山さん、男性・・・「お父さん」が西田敏行さんでした。
病気の為妻子に去られ残された車で愛犬と共に北へ旅に出るお父さん。
病気になった犬の為に所持品を売り払い最後はキャンプ場で死んでしまいます。
残された犬も1年過ぎにあとを追うと言うお話でした。

原作は村上たかしさん原作のコミックで映画化の前に読んでいました。
映画化されてからは映画館で何度も見て勿論DVDも購入して又何度も見て・・・・
それが原田マハさんによってノベライズ化されている事を知ったのがつい最近でした。
コミックが発表されたすぐあとだったのに全然知りませんでした。
早速読んだのですが、知り尽くしているはずの話なのにもう涙が止まらなくて・・・
私は原作のあるものは映像化されたり舞台で上映されるものより原作を読むのが一番好きです。
自分だけの解釈、自分だけの世界で楽しめるから。
この場合はノベライズですから一寸違いますけれど。
やはり自由に自分の世界で読むことが出来、知り尽くしているのにもう涙が止まらなくて。
まあ私が原田マハさんの作品が好きと言う事もありますけれど久しぶりに感動した作品でした。(映画も良かったですよ)

004r

読書、と言う事でご紹介です。
最近すっかり嵌ってしまったフィギュアスケートの話題から。
ご興味のない方はどうぞthroughお願い致します。

兄・宇野昌磨 作宇野樹
作者は平昌オリンピック銀メダリスト宇野昌磨さんの実弟樹さん。
この作品を書こうと思ったのは平昌以来特に有名になった昌磨さんの「伝えられている昌磨の像と、僕の抱いている像ではどこか違っているような気がする、だから僕の目を通して見た昌磨の姿を伝えたいと思った」と言う事です。
でも書かれている昌磨さんの姿は私の思っている彼の姿そのままでした。
マスコミは「天然」「鈍感力」などと勝手な事を言っているけれどinterviewや過去の映像を見たりすれば、全く実像と違う事は良くわかるのでは。
特にシニアデビューの年、グランプリシリーズのフランス戦。
フリープログラムの行われるパリでテロが起こり、ショートが1位だった彼はフリーがどうなるかと聞かれ「多くの方が亡くなっているのに今はそのような事は考えられない」と。
又羽生選手がNHK杯前に怪我怪我をした時にも本人が一番辛いのだから軽々しく話す事ではない」とたしかこのように答えています。

これだけでも聡明で思慮深く、思いやりのある優しい人柄である事はよくわかりますから。
と言いつつもいままで知らなかった昌磨君の幼い時のからの様々な努力と成長、それをしっかりと支えたご家族の記録としても感動する素敵な本でした。

Photo

二つのノンフィクション

最近ここでも触れましたが、私は紙の媒体の読書が好きです。紙の手触り、新刊のインクの匂い・・・幼い頃から親しんだ懐かしささえあります。

興味があればジャンルを問わず何でも読みます。
中でもファンタジーとノンフィクションがお気に入りです。ファンタジーが好きなのは精神的に成長しきっていないせいかも知れない、とは思いますけれど。
最近読んだblogでこんな言葉に出会いました。「本は読みながら頭で自分だけの映像を作り見られるから好きです」共感しましたねえ、私がTVドラマで原作ものに失望するのは、読んだ時点で自分なりの世界を見てしまうからなのかも知れません。
その点ノンフィクションは自分で作り上げる事は出来ませんし優れた作家のノンフィクションを読むのは本当に幸せです。

最近感想を上げようと思いながら果たせていないノンフィクションに門田隆将さんの「慟哭の海峡」があります。
大戦中台湾とフィリピンの間の海峡「バシー海峡」多くの艦船が米軍の潜水艦の攻撃に犠牲となり輸送船の墓場と呼ばれました。
当時台湾は日本の統治下にあったので日本の最南端の地点だったのですね。
ここで犠牲となられたやなせたかしさんの弟さんと2週間の漂流の末奇跡的に生還、慰霊に生涯をかけられた中嶋さんのお二人のを軸に話が進みます。
やなせさんの「アンパンマン」は戦死された弟さんにかける思いから生まれたなど、胸を打つ話しばかりです。

そしてもう一つ
「命のビザを繋いだ男」副題小辻節三とユダヤ難民

これも先の戦争中の話です。
日本通過ビザを発給して多くのユダヤ難民を救ったリトアニア領事杉原千畝さんは有名ですが、そのビザは有効期間が10日。その間に安全な場所に辿りつかなければいけません。
どうやって安全な所へ行かれたのか、私はそこまでの疑問を持った事がありませんでした。
そこに疑問を持った方がいました。
実はこの本の作者」は俳優の山田純大さんです。
父上は杉良太郎さんでご存じの方も多いかと思います。
山田さんは中学からハワイで、大学はアメリカで学ばれ英語が堪能でいらっしゃいます。
日本では知られていなかったまさにその手助けをした方「小辻節三」さんの自伝をアメリカで発見。
日本語に訳し出版社に持ちこんだ所小辻さんに関するドキュメントを書く事を勧められ、それから小辻さんの足跡を求めてアメリカ、イスラエルなど海外を含めて5年かけて調査、執筆されたのがこの本です。
平明なわかり易い文体、丹念に小辻さんの生涯を追われた素晴らしい作品だと思います。
数年前図書館で見かけ借りたた本ですが、手元に置きたくてすぐ購入しました^^
(発行 NHK出版)
ご興味がありましたら一度お読みになって下さいませ。

山田さんは海老蔵さんの親しいご友人のようで、昨年のご不幸の時はお二人のお子さんに寄り添う姿をが海老蔵さんのブログで拝見、その優しさにすっかり惹かれています。
最初の「本を読みながら云々」の言葉は純大さんんのブログから拝借したものです。

原作と映像化 犯罪症候群

犯罪症候群season1が先週終わりました。

原作は貫井徳郎さんの症候群seriesから。
何度も書いた事でもあり今迄このblogをご覧になった方には鬱陶しいかも知れませんが以下おさらいします。
警視庁人事2課の環が指揮して事情があって退職した警官が表だって扱う事の出来ない事件を裏から捜査すると言う作品でした。

原作は失踪症候群、誘拐症候群、殺人症候群の3部作、連作ですが事件はそれぞれ独立した話です。ただし捜査する環と元警官3人は各話を通して登場します。

ドラマでは元警官は一人だけ、誘拐症候群にメインで登場する武藤一人です。
武藤は元機動隊員、デモ鎮圧の時揉み合った相手に本気で殺意を抱き、その自分に潜む獣性に恐怖して退職、出家して托鉢僧として生きています。
その彼に関わった事件の捜査方針に疑問を持ち、一線から外された原田(妻と高校生反抗期の娘がいます)と、未成年者に妻と幼い娘を殺され本気で犯人を殺そうとして退職せざるを得なくなった倉持の二人のキャラを合わせてドラマに武藤として登場させています。

鏑木はこの2作には登場しませんし武藤とは何の関係もありません。
殺人症候群で警視庁捜査一課の巡査部長鏑木として登場。
一方犯罪被害者の会の矢吹響子の協力者として、心神喪失や未成年の為、殺人を犯しながら罪を償っていない犯人を殺す渉として書かれています。
小説では警官の時は鏑木、そして響子の協力者の時は渉として姓と名を使い分けて登場。二人が同一人物だと言う設定はこの小説の最大の山場であり魅力になっています。

このblogでもでこの鏑木の裏の顔に触れていて驚いた事を書きましたが(「犯罪症候season2 新キャスト」)、更に最終話ではなんと予告に鏑木の職業殺人者とししての顔を堂々と出していてなお吃驚しました。


それまでは少々違和感はあってもかなり面白く見て来ていたのにここでネタバレさせてはこれまでの8話はseason2の前振り扱いになってしまうじゃないか、と思ったし又season2を見る上にかなり興が削がれてしまいました。

読者として、又ドラマの視聴者としても不満がいっぱいでしたが、原作者の貫井徳郎さんが
WOWOWへ最終話にこの予告を入れて来た事を抗議なさっている事を知りました。

作者が仰っているようにこの仕掛けは作品のいわゆる肝であり、この三部作で一番高い評価をされている所でもあるのでこの抗議は当然の事と思います。
更に映像化では難しいこのトリックの取り扱いについては何度もスタッフと打ち合わせをして真相を明かすタイミング迄決めておかれたとの事でなお驚きでした。
視聴者としても有料放送だから出来る作品と、今迄WOWOWの作品に置いていた信頼を一度に裏切られたような気分でした。

鏑木をseason1から登場させる為に無理に武藤に絡めた脚本にも無理があったし、一番大事な事を大切にせず何が言いたくてこの作品を映像化したのでしょうか。
面白い小説は大事に映像化してもらいたいと心から思いました。

只、貫井さんも俳優の演技は賞賛して下さっていて玉山さんファンとしては嬉しい限りですが。

「出演者の皆さんの熱演は賞賛に値するものだと思う。このドラマを面白いと言ってくださる人が多いのはその熱演の賜物だ。」

http://tokuro-nukui.hateblo.jp/

でもこの予告でseason2への視聴への期待が下がったのは事実でそれはとても残念です。
試写会発表の記事にもいつも程乗れなくて・・・

まあ言いたい事を書いてしまったので、きっと文句は言うでしょうがちゃんと見ると思いますし、season2放送前の特番も取り上げてしまうかも・・・

「TEAM BEYOND」 CM

もうご存じの方も多いかとは思います発表されましたので取り上げて見ました。

東京都が2020年の東京オリンピック&パラリンピックに向けて都民・国民の障がい者スポーツに対して関心を高める為に設けた応援サイト「TOKYOパラスポーツプロジェクト」が
昨日11月30日からCMが放送しています。

リオで活躍した選手達などが好きな背番号を選んでチームのメンバーとして広報活動?をしていて玉山さんもメンバーのお一人になっています。
背番号が「88」息子さんのお誕生日ですって(^^♪

ファンサイトへ行くと誰でも好きな背番号を選んで登録出来、自分もメンバーの仲間入りをして応援できるようになっています。
私も入団しちゃいました(*_*;

ファンサイト
https://www.para-sports.tokyo/

CM
https://t.co/2jVnPKJWbq
ご覧になって下さいませ。

Be  By



玉山さんの新しいニュースも無く、寂しい毎日(笑)です。
実は私、こことは別にblogを持っていまして、ここは玉山さんメインで映画やTVなどでそちらは
ささやかな日常の事とか、読んだ本の事など時々書いていました。
今度そのサイトが無くなってしまったので、又新しいblogを持つほど書く事もないし、と言う訳でこれからこちらで書く事にしました。
玉山さんに関係ない事も載せる事が増えるかも知れませんがご容赦下さいませ。
Twitterで呟けば良いのでしょうが、文才が無く言いたい事を短くまとめる事が苦手で困ったものです(-_-;)
読書
今読んでいるのは門田隆将さんの「慟哭の海峡」
門田さんは玉山さんも出演された「尾根の彼方」の原作を書かれたノンフィクション作家です。
台湾とフィリピンの間にあり、太平洋戦争中、多くの日本軍の艦船が撃沈され多くの乗組員が犠牲となった事から輸送船の墓場と言われたバシー海峡が題名となっています。
読み進むのが辛い重い内容ですが時間がかかっても最後まで読む積りでいます。
読み終わったら感想書くかも知れません。

玉山さんに関係ないかと思いましたが、ずっと逢いたかったをつい思い出します。
場所こそ違いますがあのお話も犠牲となった海軍の空母と乗組員のお話でした。



ずっと逢いたかった 原作

先日ずっと逢いたかったについてコメントを頂くまでこのドラマに原作がある事を知りませんでした。

原作はどのようなお話なのか興味があって早速購入して読みました。
題名は同じ「ずっと逢いたかった」
服部泰平氏作です。

内容も細部は違う部分もありますがおおよそはドラマと同じでした。
原作は2005年4月10日発行でドラマの放映は同年9月30日です。
元々は2000年12月に発行された「切手のない手紙」を大幅に加筆訂正したものです。と後書きがありました。
ドラマ化の話があって再構成されたものかどうか知る由もありませんが、まあそんな事はどうでも良いくらい胸に迫るお話になっていました。

最後に挙げられた参考文献は40数件を数えます。
丹念に調査された事実に裏打ちされて映像で見るのと又違った感激がありました。
機会がありましたらお勧めしたい本です。

でも駄目ですね、先にドラマを見ているので鳴海少尉は玉山さんでしかなくて・・・
それに一寸残念だったのは鳴海少尉が幸せな家庭を夢見るシーンの6月のところ、小説には蛍の飛び交うシーンがあって映像になっていたらどんなに美しかったかと。

そのドラマですが数年前までフジTVにHPがあったのですが今はデータしか残っていません。でも幸四郎さんと玉山さんのインタビューは「文字」ですが残されています。
玉山さんのインタビューから一部です。
「鳴海は自分の大切な人を心の底から愛し、生に関する事をいろんな幸せに変えられる人。
台本が実にピュアに仕上がっていたので、余計な事をせず、そのまま演じてみようと思いました。」
「手紙というものは想いを伝えるためだけのものじゃなく、想いを残していくものなんだと、演じていて思いました。」

切手のない手紙も読んでみたいと思っていますが残念ながら今のところ入手出来ていません。

Z5a_3   Z6a_2


スニッファー 
明日からですね。今朝のあさイチに阿部さん香川さんが出演されていました。
ウクライナ版より面白いと自信満々語られていました。

一応見てみるかなと録画予約入れましたが、ウクライナ版も全話録画してあるので比べてさあどうでしょうか・・・

 

死にたがりの獅子 山川大蔵幕末異聞

ドラマ八重の桜は終わってしまいましたが舞台になった当時の会津や山川大蔵さんを忘れ難く、それに放送中はざっと読んだだけの本もあるので又読み返したりしています。

悪い癖で興味を惹かれた本は又何度も読みたくなって折角図書館で借りても結局買ってしまう為会津関係の本はかなりの冊数になってしまいました^^

今日又読んだのは如月弘鷹さんの「死にたがりの獅子」何とコミックです^^
主人公は勿論山川大蔵さん。

鳥羽伏見の戦いから日光口、篭城戦、そして西南戦争まで、途中斗南藩のいきさつは1頁だけで簡単に紹介されただけ、戦い続けた大蔵さんを取り上げています。

全4話、一冊の分量なので大蔵さんの一生のダイジェストになっているのは一寸勿体無いかな・・・

しかし冒頭少年時代容保に忠誠を誓うきっかけとなるエピソードを入れ、新撰組の斉藤一との友情、土佐の谷干城との交友、などドラマで見事にスルーされてしまった「良い場面」もしっかり描かれています。
勿論彼岸獅子入城のくだりでは容保さんもちゃんと登場していますよ。

知恵の山川と呼ばれ敗戦後は会津のトップに立った智将の面影は一寸薄いかな。
格好良く勇ましい「お兄ちゃん」のようです^^

でもひたすら会津の為に生きたまっすぐな大蔵さんが生き生きと描かれとっても魅力的です。

作者が主人公の大蔵さんが好きで愛情を持って描かれている事が伝わって来て素敵な作品になっていると思いました。
ドラマ八重の桜の大蔵さんは作者の悪意さえ感じられたくらい一寸ひどい扱いだったので余計そう感じたのかもしれません。

厖大な資料を読んだ中で一寸ほっとした作品でした。

やんちゃな大蔵さんとかなりのハンサムに描かれた谷干城、そして情け無い大鳥圭介など画も楽しめました。

S5a_2  S4a_2

殿・大蔵さん・ 谷干城 

S3b_2  S4b_4    

   

紙碑・東京の中の会津~2 & 次のお仕事は?

前回山川家ゆかりの観蔵院から入ってしまいましたが、この書の順序は会津藩邸の案内から始まっています。当然ですよね。

しかし幕府の中枢にいた会津藩ですから当然江戸城のすぐ傍に藩邸があり今は影もありません。

上屋敷
江戸時代、和田倉門内の江戸城西の丸下の一万坪近い広大な敷地内にありました。
和田倉門は桜田門、馬場先門とともに老中・若年寄りなどの幕府閣僚の官邸街とも言うべき西丸下の要路部であり会津藩士が番士として武器を備えて詰めていたと解説されています。
又辰ノ口方面への要路であり辰ノ口には評定所、勅使の迎賓館に当たる伝奏屋敷があり「辰ノ口」と言えば評定所の代名詞であったとも。
「辰ノ口」と言う言葉、時代劇に良く出て来ますね。

幕府崩壊後は新政府によって没収され様々に姿を変え、会津藩邸は軍務官、御用邸などに変わりましたが明治二十二年西丸下一帯を広場とし現在の皇居前広場となった、と書かれています。

現在残っているのは復元された和田倉橋と和田倉門跡に残る石垣だけで当時の建物を偲ぶよしもありません。

中屋敷
藩政の場だった上屋敷に対して中屋敷は江戸詰藩士とその子弟の教育の場だったとかで日新館の分校のような学問所が置かれていたそうです。
現在は広大な汐留貨物駅になっています。
偲ぼうにも汐留駅では風情も何もありませんね。

下屋敷
藩主や家族、家臣達の私生活の場であった下屋敷は三田にありました。
現在は慶應女子高校と中等部の校舎と校庭になっているそうです。
当時の面影はなくても皇居前広場や貨物駅よりましなような気がします。
この書にも一番当時の屋敷町の面影が残っていると書かれています。

麻生三ノ橋
会津藩松平肥後守の下屋敷が近くにあった為明治まで肥後殿橋と呼ばれていたそうです。

斗南藩邸跡地
斗南藩庁の置かれた場所はなんと日比谷公園内でした。
現在の大音楽堂のあたり、池のある少し南のところと言われています。
何度と無く通った場所です。
今は何も残っていなくてもその当時大蔵さん達が藩運営などに苦闘した場所を偲んで近いうちに寄ってみようと思っています。

思案橋事件跡
永岡久茂や竹村俊秀らが長州の前原一誠に呼応して決起、千葉県庁や佐倉鎮台を襲い会津に立てこもる計画で東堀留川にかかっていた思案橋から舟に乗る所を密告する者があって捕らえられた所です。
今は川そのものが埋め立てられて面影は全くありません。
現在の日清製粉ビルのあたりだそうです。

此処に紹介したのはドラマに登場したほんの一部だけです。
藩祖保科正之関係など幕末だけでなく会津藩ゆかりの場所が詳しく紹介されています。
会津藩に興味のお有りの方には発行年は古いですがお勧めしたい本と思います。

ドラマ八重の桜もあと数回で終わってしまいます。
期待した分失望も大きく文句が多かったですが私にとって不本意な書かれ方でも、少しの出番でも玉山さんにしょっちゅう会えていただけに終わってしまうのは本当に淋しいです。

そこで気になるのが次のお仕事です。
ずーっと噂されている例の映画ですがどうなんでしょう。
タイで撮影しているとか・・・
タイで撮られた玉山さんの写真が出て来たり、陽だまりの彼女の舞台挨拶の時の顎のお髭など見ると本当かなとも思いますが。
だってこのお髭普通じゃないわ・・・趣味でと言われるとそれまでだけれど。
しかしアニメの実写版て見る人沢山いるのかしら・・・私は見ますけれどね、何回でも(笑)
本当かどうかも判らないのに心配しても始まりませんね^^

何でも良いからお仕事の情報欲しいです。

9a

八重の桜 第46話 駆け落ち & 会津将軍山川浩

第46話 駆け落ち

この回の感想・・・どう書いたらよいかしらね・・・
先週に続いて山本家のお話です。
八重も襄も話の筋に絡まないほんの申し訳程度の登場で(出番の多少ではなく)

みねは長男平馬を出産しますが直後容態が変わり息を引き取ります。
山本家の跡は久栄に良い婿をとって継がせると覚馬は言いますが。
時栄が出て行ってからふさぎがちの久栄は蘇峰の弟健次郎後の蘆花と心を通わせ会うようになります。

東京へ出て作家になると言う健次郎と駆け落ちをして一緒に行こうとする久栄ですが、八重の説得?で思いとどまり、健次郎は一人で上京し小説家の道を歩み出します。

先週の時栄の話と言い今回と言い誰も傷つかないように綺麗に終わらせています。
きれいごとにすぎて私には感動も無かったですね。

八重と襄は北海道を訪れ札幌にいるユキと20年振りに再会、ユキは旧薩摩藩士と結婚15才の息子の母となっていました。

以前も書きましたが城が落ちたあと、家族の遺体を必死で探し一人で葬った話は全く触れられていません。薩摩藩士と結婚するまでの話も。
このドラマは私にとってはですが、要らない話が多く、取り上げて欲しい話は全く書かれず残念な結果となってしまいました。

そういえばもう一人の健次郎さん、山川健次郎がほんの一寸出ましたが何の為でしょう・・・
蘆花の小説不如帰で妹捨松が傷ついた事を言いたい?それならストレートに書けば良いのに。

ストレス発散の為浩さん主役のお話を一寸。

会津将軍山川浩 
「会津藩 斗南へ-誇り高き魂の軌跡」
「会津流罪 故郷を追われた難民からの再出発」
「偽りの明治維新-会津戊辰戦争の真実」
などなど多くの戊辰戦争と会津の話を書かれている星亮一氏の作です。

西軍の攻撃を防ぐ為日光口を守る所から始まって明治31年京都守護守護職始末の編纂半ばに亡くなるまでの半生を追っています。
小説なのかドキュメンタリーなのかはじめは一寸戸惑いながら読みましたが事実に少々味付けした小説なんでしょうね。

失礼とは思いますが星氏はドキュメンタリーの方が読みやすくて小説仕立てはあまりお得意では無いように思いました。
でも浩の半生を克明に追って書かれているので読み応えはありました。

一番興味を引かれたのはこの本の表紙でした(ごめんなさい)
浩さんの写真を真ん中に上部に山川家の写真を載せた装丁になっています。
浩、健次郎の兄弟を中心にした二人の夫人と浩の長男洸、姉二葉、妹操、常盤、捨松など一族の写真で明治26年頃の撮影と注釈があるそうです。
操さんの写真にかぶって題字が書かれているのが少し残念ですが、山川家は美男美女揃いですね。

Sa  

S2a_2

紙碑・東京の中の会津~1

ドラマ八重の桜もあと数回を残すだけになりました。
玉山さんの出演、そしてキャスティングされた山川浩と言う素晴らしい人に期待するあまり不満ばかり言って来ました。
だって山川浩に関しては実際の方がずっと魅力的で素敵だしその半生もとてもドラマティックなんですもの。
山川浩と言う人が大河に登場する事はもう無いでしょうから本当に残念です。

只、戊辰戦争を会津の側から書いた事から会津藩に興味を持ち沢山の資料や小説を読みました。このドラマを見なければ知らなかった事もいっぱいありその点ではこのドラマに感謝です。

その沢山読んだ本の中の一冊がこの紙碑・東京の中の会津です。
牧野登著1980年 歴史調査研究所発行
会津藩と主に戊辰戦争に関わった会津人の東京での足跡を筆者が全部実際に確かめて紹介されている丁寧な案内書です。

ドラマを離れて会津藩に興味を持たれた方はお付き合い下さいませ。

3部構成になっていて第一部は都心編・・・会津藩の上屋敷など藩邸の跡地や青山墓地や神保修理や萱野権兵衛のお墓のある興禅寺など・・・
第二部は下町編・・・ここには山川浩が上京最初に仮住まいをした元浅草の観蔵院などが紹介されています。
第三部は山手編・・・広沢安任が亡くなった角筈や思案橋事件で処刑された竹村俊秀達のお墓のある源慶寺など・・・

今日はドラマの登場人物の関係した場所をいくつか取り上げて見ました。

まずは山川家の東京での最初の住まい観蔵院
当時の地番は浅草永住町十一番地、現在の台東区電報局の近くだそうです。
柴五郎が居候した家ですね。
このあと山川家は根岸に移転して長くは住まなかったようです。

A

次は青山霊園です。
青山墓地には山川家のお墓だけでなく会津藩出身者のお墓が数多くあります。
秋月悌次郎や健次郎と一緒に長州の奥平健輔を頼って会津を脱出した小川亮のお墓もあります。
山川家のお墓にはお参りして来ましたが又他の方々のお墓参りもしたいと思っています。

もしいらっしゃりたい方がありましたら 青山霊園はとても広く探すのが大変なので事前に位置番号を調べ管理事務所で略図を貰って行かれるのが良いとこの本にも書いてあります。

谷中霊園
浩の妹操の夫で佐賀の乱で戦死した小出光照のお墓は谷中霊園にあります。
ドラマでもそうでしたが子供の時から戊辰戦争、斗南へとずっと一緒で斗南藩消滅後青森県に勤め佐賀へ移動して難に会いました。
亡くなった時浩の詠んだ歌です。
「後れつる身こそつらけれ死出の山越は共にと思いしものを」

市谷富久町源慶寺
小出光照のお墓が出ましたので幼い時から3人一緒にいた竹村俊秀の葬られているお寺の案内です。
思案橋事件で捕らえられ刑死した竹村俊秀、井口慎次郎、中原成業の3人のお墓があります。

今戸の称福寺
思案橋事件の首謀者永岡久茂が葬られています。
ドラマには登場しませんでしたが広沢安任と共に斗南では小参事として浩を助けて働いた人です。
それと思いがけない事にこのお寺に川崎尚之助が久茂より一年前に葬られていたそうです。
この本が発行された時点では久茂と尚之助の間に関係は認められず単なる偶然かと書かれていますがこのドラマによって尚之助の事がかなり判ってきたようなので現在は何か新しい情報があるかもしれませんね。

白金の興禅寺
神保修理、萱野権兵衛のお墓があります。

西新宿
お墓ではなく広沢安任終焉の地と紹介されています。
淀橋角筈の牧場出張所で没したと記されているそうです。
今は角筈の地名はなくJR新宿駅周辺としかわかりません。
この頃浩の家はは牛込だったそうですから割りと近かったんですね。

浩にとっては一緒に苦労した仲間や友人が次々に亡くなって行く・・・そんな思いが先日も取り上げましたがこの歌になったんですねえ。
君も又すててお行きか今はよにかぞへんほども友はなき身を

何だかお墓の案内になってしまいました・・・