西郷どん

西郷どん 最終回

西郷どん感想

西郷どんの最終回が終わりました。
終わってから1週間近く経ってしまいましたが木戸さんも前回に退場してしまったので中々感想を書く気にならなくて・・・
余計気が乗らない・・・
でも折角最終回も見た事でもあるので少しだけ書いてみます。
終わってしまった事でもあり良い感想ではありませんので、少しでもこのドラマが」お気に召した方はご覧にならずに無かった事にして下さいませ。

鹿児島に引き上げた西郷軍が政府軍に追い詰められ敗北の中、西郷の身内が次々と死んで行く描写で終始したような印象しか持てませんでした。
何度か書いて来たように西郷の周囲の人間が描き分けられていない為、いきなり登場して死んで行くようにしか見えない。
桐野利秋などとても面白い(不謹慎でしょうか)人間なのに最後まで勿体ない使われ方でした。村田新八も川路利良も、です。
西郷の最期も変に凝らずに史実通りではいけなかったのでしょうか。
でも一番気になったのは西郷と言う人がどういう人で何をしたのかがさっぱりわからなかったことです。
具体的な描写もなく只素晴らしい人、良く出来た人と周りが持ち上げるだけでは西郷の魅力が全然わかりませんでした。
その上政権交代から新政府の描写が殆どない・・・
大久保利通に至っては途中でcharacterが豹変してしまったようにしか見えませんでした。

脚本家の責任でもあるでしょうけれど「政治と戦争」は書かない」と明言した脚本家を起用した製作者サイドの責任の方が重いかも。
西郷隆盛と言う人を別の切り口から取り上げるのなら彼の偉大さを書かなければ面白くもなんともないです。
大河ドラマはNHKの看板ドラマでは無かったのでしょうか。
一人あるいは複数の人間を取り上げある時代の流れを書く、と言うstanceでは無かったのでしょうか。
失望する事の多かったこの作品ですが、「大河ドラマ」はNHKでこそ作れる作品だと言う事を
まだ信じて優れた作品を期待したいです。
そして女性大河はまだやる積りでしょうか。
「直虎」は小さな一地方の領主に過ぎない主人公でしたが、戦国時代にその小藩がどう生きたかを上手に書いていました。
でもそれは彼女が領主だったからで誰それの妻や娘では中々そうはいかないのでは・・・
日野富子はやってしまったし。
時代はかぶるけれど寿桂尼とか、とても手は出せないと思うけれど持統天皇くらいかも。

最後まで読んで下さった方、いらっしゃいましたら有難うございます。
お粗末な感想失礼致しました。
Ka2b_2   K2a

西郷どん 第46回

第46回 西南戦争

いよいよあと1回になりましたね。
今回のタイトルは「西南戦争」このドラマ最大の見せ場のはずなんですけれど・・・
今迄ずーっと不満に思っていた事が凝縮されたような回でした。
何故西郷は起ったのか、大久保との政策の違いは、新政府の要人たちの立場は・・・
すべて説明不足。西郷さんは悪くない、の一点張り。
西郷を取り巻く若い俳優さん達も全然個性が無い。
見ている方にしたら西郷小兵衛だって桂久武だって誰でしたっけ・・・と言った感想しか持てない!
見せ場のはずの田原坂の戦闘も迫力無いし。

文句ばかりになるのでもうやめます。
でもこれだけは言いたい!
ずっとこれだけを楽しみに見て来た木戸さん・・・玉山さんが退場されました。
しかしこの描き方は何でしょう!
突然の病死!ナレーションで死病と説明しただけ!
余りの事に言葉も出ないです。
有名な「西郷も良い加減に・・・」の言葉もあれは大久保に言ったのでは無かったのかしら。
でもこのドラマ、玉山さん!貴方だけを楽しみに後半完走しました。
イメージに近い木戸さんを見せて下さったと思います。
視聴率にほんの一寸(笑)貢献したかしら。
お疲れ様!本当にお疲れ様でした!

突然死の床での登場
最後のsceneがこれだけとは。まあ綺麗なお顔立ちであることはわかりましたが。

46

西郷どん 第45回

第45回 西郷立つ

いよいよ西南戦争へ向けての回ですね。
私学校へ庄内」出身者が登場。
庄内藩の話は殆ど書かれなかったのに何故ここで?
戊辰戦争はもとより江戸の警備担当だった庄内藩と薩摩藩の関りも殆ど無視したのに・・・
廃刀令が出され士族の不満が更に高まる様子が書かれます。
ただし佐賀の乱からj神風連の乱、秋月、萩、と続いた乱も書かれてましたっけ・・・と言う見ている方も気の抜けた見方で申し訳ない・・・

立て続けに事件の羅列で良くわからないうちに話が進んで行くと言う印象です。
川路が薩摩に潜入させていた密偵から報告が入り大久保に報告する場面があります。
川路は大警視になっていたんですね。
その密偵の素性がばれて持っていた電信の文面「ボウズシサツセヨ」から騒動になります。視察~刺殺?大久保の西郷暗殺指令と受け取ってしまうんですね。
桐野利秋が兵を率いて政府の火薬庫を襲撃します。
そういえば桐野はこの時陸軍少将でしたっけ。
川路もですが全然老けないので変化が分らない・・・まあイケメン鑑賞サービスと言う事なのでしょうか。

西郷は政府を糾す為に上京を決意するところで終わり。
大事な話はあれよあれよと進むのに島から引き取られて来た愛加那との娘菊草の話や妹琴子が息子を無事に返してくれと言うおよそ武士の女とは思えないような話などを書く。
まあ最初に脚本家が「政治も戦争も書かない」と宣言しているのですから不服に思う方が間違っているのでしょう。

今回木戸さんはお休み。もうご病気で政務はお休みなのかしらね。
相変わらず後ろ向きな感想で申し訳ありませんでした。

サービスカット(^^♪
西南戦争の山川少佐と西郷さん(八重の桜から)
H14a  Sai

西郷どん 44回

第44回 士族たちの動乱

士族たちが政府に不満を持ち各地で次々と反乱が起きるのですが詳しい事は何も書かれず。
又政府の中でも政策を巡ってかなり軋轢があったはずですが、詳しい事はこれも書かれず。
見ている私には只対立があったとしか判らない。
説明不足のまま、士族たちの不満が募り、政府内の対立からいきなり江藤新平の『佐賀の乱」がナレーションで語られるだけでした。
鹿児島の西郷の生活は詳しいですね。
のんびり日を送っているようにしか見えませんけれど。
その中、西郷を慕って次々と帰郷してくる青年たち。
生活出来ない、と不満を訴えます。
西郷は学校を作ります。

なにもかも駆け足の説明だけ、としか受け取れない展開です。
留学していた川路利良と村田新八も帰国。
西郷を取り巻く若者たちは私には誰が何の役だかよくわからないのですがこの二人はわかります。マッサンのお二人(笑)
川路利良は日本の警察を作った人ですがこの時点でこのような登場では何の説明も無いと思われますね。
でももし興味を持たれる方があったら伊東潤さん作「走狗」をどうぞ。
43話でもご紹介しましたがとても面白かったです。
余計な話になりました。


岩倉が刺客に襲われるシーンがあって、これも良くわからず。
不満を持った旧土佐藩士の仕業との事。
そして江藤新平が事を起こします。
しかし乱は鎮圧され江藤は即処刑、大久保の非情さが際立って来たようです。
こんなか書き方では実在の大久保さんに申し訳ないのでは・・・
木戸孝允は江藤との関係は良かったと思いましたが一切書かれませんでしたね。
西郷とは良くなかったと思っていましたがこの作では良いようです。
そうそうやはり留学していた菊次郎が帰国。
久保の妻が上京、今迄一緒に暮らしていたおゆうとの間で話し合いが持たれています。
こんなシーンは詳しい・・・まあ美女お二人ですから見た目は優しくて良いですけれど。

ドラマの順を追っての書き方では無いのでお読みいただいた方には申し訳ない感想になりましたが士族たちの動乱とタイトルを付けながらこの内容は無いでしょう、と思った回でした。
西南戦争が起きるまでには様々ないきさつがあったのにこのドラマにはもう残り時間が余りに少ない。どうするんでしょう。
征韓論も説明不足のまま西郷が下野しちゃったくらいですから仕方がないのでしょう。
とにかくどう最後まで持っていくのか、終わりまで見る積りではいます。

44b

西郷どん 43回

第43回 さらば東京

今回は西郷が訪欧から帰国した大久保との政争に敗れて公職を離れて鹿児島に帰るまで。
西南戦争の序曲編でしょうか。
広く外国を見て来た大久保には留守中に決まった西郷の朝鮮派遣が納得出来ない。
西郷を説得出来ない彼は岩倉と諮って決定を覆す・・・それに納得できない西郷。
二人の政治姿勢、対外認識の違いなどから今迄ずーっと一緒に事にあたって来た二人の中に決定的な亀裂が入ります。
と言うとても大事な回でした。


子供に慕われる西郷どん、長屋暮らしの西郷どん、大事な閣議がまともに書かれずに酒食の席で進行する・・・これなどは無しにして・・・
そしてドラマの今迄のstorを考えずに、この回だけなら中々良かったのではありませんか・・・
俳優さん達は熱演だったし、部分的には今迄で一番良かったと思いました。
でも西郷と大久保、木戸孝允、江藤、大隈などを登場させているのですから、明治新政府の状況をもう一寸なんとかまともに書いて貰いたかったと思ってしまう。


これから西南戦争に入っていくのでしょうけれどどのように書かれるのか。
西郷周辺の人たちがちゃんと書き分けられいないので良いドラマになるかどうか・・・
いまだに周囲の人たちが良くわからないのも何だかなあ。
桐野利秋も川路利良も俳優さんの顔で見分けがつくようではね。
私が良い加減に見ていたからだけでは無いと思うのですが。
以前も書いた事ですが、脚本家を起用する時に得意分野を見て決めて頂きたいですね。
この方に大河で歴史ものをお願いしても無理でしたね。
今回は誉めようと思って書き始めたのに又批判になってしまいました。
大河ドラマに期待しすぎとはわかっているのですが。

始めて笑った木戸さん

Tw



*川路利良と言えば伊東潤さんの作品に彼が主人公の「走狗」と言う作があります。
面白かったので何処かでドラマ化してくれないでしょうか・・・
脚本、演出はこの辺りに詳しい方で。

西郷どん HPから

ドラマ西郷どんのHPに「質問箱」と言うコーナーがあります。
このドラマに共感する事が出来ず、興味も持てなかった為HPを覗いた事も無く・・・
今日、Twitterに舞佳さんがリツイートして下さって初めてそういうコーナーがある事を知りました。
皆さまはご存じだったでしょうか・・・

今迄の玉山さん出演のドラマでは考えられない事でした。
一寸ファンとしてあるまじき出来事と反省(笑)
早速行って来ました。
ドラマ西郷どんに関して様々な視聴者からの質問に出演者が答えると言う形式。
まあドラマ制作の裏話のような。
今迄に10人ほどの方が登場していらっしゃいます。
まだご覧になってない方は是非ご訪問を~知らなかった・・・そんな方はいらっしゃらないかも知れませんけれど。

俳優さん達はこんなサービスまで真面目に向き合っていらっしゃるのですから、ドラマの方ももう少し真摯に・・・なんてつい考えてしまう悪い視聴者でした。
でも玉山さんのお写真は素敵でした。

HPからお借りしました。
 Na

https://t.co/OsgafRi04S

西郷どん 42回

42回 両雄激突

今回は外国留学に悩む菊次郎の話から。
進路は人に相談せず自分で決めるように糸から言われた菊次郎は留学を決意します。
琴の息子宗介も一緒のようです。

一方政府首脳が外国視察に行ったあと一人で政務を執る西郷。
井上薫と江藤新平の対立も書かれますが余りに省略しすぎて見ている私は消化不良です。
明治になったいきさつはとても大事なところなのにナレーションばかりで説明されても受け取る側にかなりの知識がないと見ていて辛いのでは。
朝鮮との間に外交問題が起き解決の為に西郷が使節として派遣される事が決定します。
ここももう少し詳しくして頂かないと良くわからない、本当に大事なところなのに!
そして宮城に火災が起きます。宮城?御所?そして天子様?お上?当時どのように呼ばれていたのでしょうか・・・・

一人で政務を執っていた西郷は過労で倒れます。
上京して以来ずっと長屋暮らしの西郷さん・・・一寸おかしいのでは、当時の政府首脳は旧大名の藩邸や大身旗本の邸に住んでいたのでは、と思っていたら最後に説明がありました。
余りの広大さに辟易した西郷は屋敷の長屋に寝起きしていたと。決して市井の長屋暮らしをしていたわけでは無かったのですね。
帰国が予定よりも半年も遅れていた岩倉使節団の大久保が一足先に帰って来ました。
殆ど成果を出せないままの帰国です。
大久保が西郷を長屋に訪ねて来ての報告は外国の文明に圧倒された・・・そして対立する江藤らの排除に話は進みす。
岩倉ら使節団も帰国。
西郷と大久保の政治姿勢がはっきり異なる事が書かれるのですが、ここも省略され過ぎてついて行くのが大変です。
省略だけならまだ良いですが、かなり良い加減な解釈が多くて「大河ドラマ」として明治維新を書くなら一寸問題かな、と思ってしまいます。

木戸さんは今回もお顔を見せて下さっただけ、これも消化不良でした。
そういえば八重の桜に留学生として派遣された山川捨松の話が岩倉使節団と絡んで描かれていました。
あれは何回だったか・・・思えば会津から見た八重の桜の方が「明治維新」と言う動乱を良くとらえていました。
明治以後京都の私学の話になってしまって残念でしたが。(八重が主役ですから仕方が無いでけれど)
又熱演の俳優さん達には申し訳ない感想ともつかないものになってしまいました。
ごめんなさい。

西郷どん 第41回

第41回 新しき国へ

廃藩置県が実行され新しい体制が整ったはずの明治新政府。
ですが中は勢力争い、薩摩、長州に土佐、肥前は不満を持っています。
岩倉たちは対外国への不平等条約を改正すべく視察団を欧州へ派遣する事にします。
岩倉を筆頭に、木戸、大久保、伊藤、西郷が留守を預かる事になります。

薩摩の国守だった久光は花火を打ち上げる事で新政府への不満を晴らします。
有名なepisodeですが、期待外れでしたね。
もう少しすっきりと描けなかったのかと。久光に対しては本当にお気の毒な書き方かと思います。
西郷は天子様の全国ご巡幸を計画、薩摩にもご巡幸されます。
衣冠束帯の正装でお出迎えする久光の前にお出ましになった天子様は洋服をお召しでした。新しい時代を表す為にこの場を作ったのでしょうか。

留守政府内では肥前、土佐の不満は募っています。
そんな中長州出身で軍を預かる山縣有朋が公金を不正に商人に貸し出した事が表に出て、山縣は辞職に追い込まれます。
この山崎屋に関する1件もう少し詳しくやっても良いのでは、と思いましたがもっと重要な事も全部ナレーションで片付けるこの作品では取り上げただけましでしょうか。
そして西郷家では菊次郎の留学話が持ち上がっていました。
明治の留学生の話を西郷家に絡めて書こうと言う事でしょうか。

今回木戸さんは海外出張でお休み(冒頭一寸出ただけ)
増々気の乗らない感想になってしまいました。
いやなら見るのも書くのもやめれば良いのにと思いますが、やはり1分でも出番があれば見てしまいます。
俳優さんは皆全力で作品に立ち向かっていると思うので。

西郷どん 第40回

日曜放送大河ドラマなので次回の放送日が迫って来て焦っています。
実はPCの調子が悪く、スマホでの更新を試みましたが慣れない作業、画面もキーボードも小さくて数回で諦めPCを何とか調整しながらの更新です。
元々玉山さんの登場回だけ何とか見よう、と頑張っているので超簡単で失礼します。
「どなたもお読みになって無いかもですね(笑)」

第40回 波乱の新政府

西郷が鹿児島に引きこもっている間、新政府は首脳たちの主導権争いが激しくなっています。
大久保の説得で西郷は上京、再び新政府に加わります。
国家直属の軍隊、「御親兵が設立されます。
しかし版籍奉還で解体されたはずの政治形態ですが、実権は旧藩主のもと旧藩にあるままで新政府は財政難の対策に追われています。
実権を旧藩から取り上げるいわゆる「廃藩置県」が今回のテーマのようです。
しかし新政府は、旧薩摩、長州と肥前、土佐などの対立が激しく中々まとまりません。
大久保は木戸に力を貸すように迫りますが、木戸は西郷をトップに立てるようにと主張。
結局西郷が反対派を説得、勅書を賜って「廃藩置県」が成立します。

西郷の活躍ですべてが収まるようですが、迄西郷が「公の立場」で何をしたのか、これ迄ドラマを見ている限り私にはまったくわからないので何とも消化不良のまま話が進んでしまった感じです。
文句ばかり言っていて気が引けますが、余りにも「人」が描き分けられていません。
木戸さんも気難しい所はあったようですが、このドラマのような描き方では苦情を言う為に登場しているようで納得しがたいです。
玉山さんは素敵ですが、それだけではねえ。

そして気の毒な久光さん。良く島津家から苦情が出ないものと心配するくらいひどいものです。
やはり西郷隆盛を政治、戦争を簡単に「私人」として描こうとしたのは失敗ですね。全然面白くないばかりかどこに魅力があった人なのか全く伝わって来ないのですから。

西郷どん 39回

第39回 「父、西郷隆盛」

今回から「明治編」と言う事のようで戊辰戦争の詳しいいきさつの描写もないまま明治2年になっています。
西郷と島の妻愛加那との間に産まれた菊次郎が京都市長として着任する所からスタート。
菊次郎と助役相手の話から菊次郎の功績や略歴、そして今迄の事が語られます。
そしてこの作のナレーション担当が菊次郎だった事がわかります。
元々原作が菊次郎の語りで進行するようなので、今になって原作に則ったという事なんでしょうか。

西郷は新政府の政治から身を引き鹿児島と改めた薩摩に帰っています。
島に置いて来た菊次郎を引き取る話から菊次郎目線で話が進みます。
正妻の糸と愛加那との話など、島の妻の身分などわかっていてもこういう美談めいた話にしてしまうんですねえ。
戊辰の戦の戦死者を悼む西郷の姿などや、生活の根本を失った武士の不満など。
大事な政治の話は、新政府の中がうまく行っていない事、大久保の強硬策に苦言を呈する桂小五郎改め木戸孝允の姿などほんの少しだけ。
版籍奉還も久光の今とともにほんの少しで。
大村益次郎もうっかりしているとわからないうちに暗殺されています。
劇的に大きく動いたこの時代をきちんと書かずに西郷家の内輪の話に大きく時間を取っています。
まあ最初から脚本家が政治と戦争の話は・・・・と言っていますから当然なんでしょう。
そして信吾改め従道が大久保に頼まれ隆盛を説得しに。
そうそう西郷さんは隆盛と名乗っています。
従道の説得にも動かかなかった隆盛も菊次郎の言葉に上京を決意する所まで。

今回語り手の西田さんが「菊次郎」として登場したのに少し驚かされて、そしてクレジットに玉山さんの名前を見て、珍しくちゃんと見ました(笑)
木戸さんはこのところほんの一寸登場して苦情ばかり言っていますね。
このまま苦情係として終わってしまうのか、少し心配です。
そしてその玉山さんいついて一寸感動したお話を載せさせて下さい。
鈴木亮平さんがインタビューの中で話されている言葉から。
「八重の桜に出演していた玉山さんから『会津の思いは全部背負っていってくれ』と言われました。それを踏まえてセリフも追加させてもらい云々」
まあどこにその効果があったかどうかわかりませんが、山川大蔵を演じるに当たって当時の事をかなり勉強された玉山さんらしい良いお話かと嬉しく読みました。
俳優と言うのは演じる人物をそこまできちんと把握して役作りをされるのか、と。
玉山さんの役にかける思いはいつも良くわかっている積もりですが改めて一寸感激しました。

八重の桜がかなり再評価されていますが会津目線のはずが後半舞台が京都に移ってからはどうかと思う創作が入って一寸残念でした。
主人公に八重を選んだ時点で仕方が無かったのしょうが、全くの創作である「獅子の時代」の方が会津の心をよく書いていたように思います。

このドラマ、難しいお顔ばかりです。
391a  39a