麒麟がくる

麒麟がくる第4話

第4話 尾張潜入指令

小見の方の容態が良くなった為東庵は京へ戻る事になります。
道三は彼が尾張へ向かう事を察知、織田信秀の様子を探って来るよう言います。
患者の容態を話すわけにはいかないと断る東庵に怒った道三は光秀に殺せと命じます。
東庵は尾張へは双六で負けた金を払いに行くのでその金を薬礼に上乗せしてくれるのなら探って来ると言います。
道三は承知したものの美濃へ戻って来なければ駒を殺す、と脅します。

尾張へ行く東庵、そして光秀は菊丸と二人薬草売りになって尾張へ。
信秀に会った東庵は道三の命令を打ち明け借金を肩代わりしてもらった事も言ってしまいます。
信秀は肩の傷を見せもう痛みは殆どないが毎晩寝汗をかき悪夢を見ると言います。
一方薬草を東庵に届けに来た、と言って城内に入った光秀たちは一人の少年に会います。
少年は二人に刈谷まで連れて行って欲しい、母上に会いたいと言うのですが事態を察した光秀は彼に時を待つようにさとします。
のちの家康ですよね。

そして東庵は二人に薬草の効能で巧みに信秀の容態を説明、勿論密書も隠して手渡します。
信秀は二人の後をつけ怪しいそぶりがあったら殺せと命じます。
山中で追手に襲われた二人は何者かが石を投げて助けられ尾張へ帰着。
駒は解放されますが、喜ぶ光秀にそんなに私がいなくなるのが嬉しいのか、とすねて尾張に残ると云うのでした。

光秀は幕府が鉄砲を作らせている事を聞き、誰が作っているのか気にしつつ鉄砲の稽古に励みます。
とまあこのようなお話でした。

4話になってもまだこれと云った進展はなく、話の進行にスピード感が感じられません。
幼い頃の家康を出したり、怪しまれずどこへでも出入りできる「名医」を登場させたりそれなりに工夫はしているとは思いますが、
言っちゃ悪いですが少々退屈。
出演者もそれなりに良い演技をしているとは思いますが、地味なのかな、あまり魅力が・・・

期待が大きすぎたのかも知れません。
斎藤家の内紛で光秀が美濃を離れてからが面白くなるのかと思いますが、それまでかなりかかりそう。
我慢出来るかしらん。

 

麒麟がくる 第3話

第3話 美濃の国

織田との戦いは斎藤方が勝利しました。
帰蝶が光安の見舞に来た途中足に怪我をして光秀の家で駒に手当てをして貰います。
その時以前帰蝶が光秀の家に数年いた時牧の話した昔話が駒が幼い時助けてくれた侍に聞いた話と同じでした。
駒はその侍が美濃の人ではないかと思うにでした。

道三は義龍を連れ頼芸に再び守護の座に着くように言うが頼芸は殺されたくないからと断る。
道三は操り人形は殺さない、としれっと返します。
二人の帰途頼芸は義龍を呼びとめ「わが子と思っている・・}と思わせぶりに言う。
義龍の母深芳野は元頼芸の側室でした。自分の父が誰かと問う義龍に深芳野は殿に決まっているとにべもなく答えます。
頼芸は道三から実権を取り戻そうと織田に使者を送ります。

光秀は義龍と鉄砲の試し打ちに出かけ、その時義龍は父道三の力づくの政治を批判、
いざという時は力を貸して欲しいと云うのでした。美濃を麒麟の来る国に!

織田信秀が頼芸の使いを受けた頃、今川義元が三河に兵を出した、との知らせが入ります。

ざっと第3回のあらすじでした。

まだこの頃の美濃、尾張、そして駿河に至る国々の紹介そして将来の伏線編のような感じを受けました。
守護の土岐家、守護代の斎藤道三などを取り巻く人間関係の紹介が主だったような。
まあ誰でも知っている国の話ではないので仕方ないでしょうね。

第11回の大河ドラマ「国盗り物語」の舞台と重なる回が続きますね。
私は実際の放送は見てはいましたが断片的な記憶しか無く、後で総集編のDVDを見ました。
すごく面白かったし出演者も素晴らしい顔ぶれでした。
なので私の中では光秀は近藤正臣さん、道三は平幹二郎さん。信長は高橋英樹さん、帰蝶は松阪慶子さん。
どうしても比べてしまって・・・
まあ松阪さんも高橋さんも、近藤さんもまだ新人のうち、若くて美男美女揃い、一寸分が悪いかも。

脚本は池端さんですし、長谷川さんも年齢的に無理のない時代に入れば、と期待はしています。

麒麟がくる 第2話 追記しました(4日)

第2話 道三の罠

京から鉄砲と「名医」を土産に美濃へ戻った光秀に道三は旅費を半分返せと言う。
返せないなら次の合戦で侍大将の首二つをあげよ、と言います。
まだ美濃一国を支配する前の道三ですね。名前もまだ利政ですが道三で通します。
私の見方が悪いのか一寸良くそのあたりがわかりません。
とにかくドラマから私が感じたまま書いてみます。

小見の方の館で光秀は帰蝶に会います。
川口春奈さんは思ったよりずっと良かったです。綺麗だし中々威厳もあって。

尾張の織田勢が攻め寄せて来ます。
斎藤は4千、織田は2万。
乱戦の中光秀は敵の侍大将と組み打ちとなり一瞬相手が叔父光安の顔に見えひるんで危うく命を落としそうになります。
一瞬の油断が生死を分ける事を書きたかったのか・・・・
合戦は最初分が悪かった斎藤勢ですが敵を油断させる計略が功を奏して撃退する事に成功。

そし土岐頼純を訪れた道三は彼を毒殺します。
土岐家の支配下にあることなどあまり詳しく書かずにいきなりだったので少し吃驚。
頼純役の俳優さんが怪演とか、話題になったようですね。

光秀と道三の嫡子義龍との二人の場面もあります。
深芳野はまだ登場せず。次週かな。

凄く簡単に書いてしまいました。
ただ役者の活舌が悪いのか、私の耳が悪いのかセリフが聞き取りにくい事が多いです。
長谷川さんの場面になるとほっとします。

登場人物は本来なら光秀は十兵衛、道三は利政と云うようにしなければいけないのでしょうが全部慣れた呼び名にしました。

まだ導入部、次回以降に期待します。
が、衣装の色彩は馴染めません。
室町時代は派手だった、と言う説明を見ましたが、地方武士や貧しいはずの庶民までそうだったのか、かなり違和感がまだあります。

以下追記です。

今までかなり雑な感想だったので反省。少々付け足します。
道三の正室小見の方が光秀の叔母だった事、娘帰蝶が守護土岐頼純に嫁いでいたことに触れていませんでした。
道三の長男義龍が側室腹であることなどなども。
ドラマの進行にさほど影響はないかも知れませんが気になったので3話の感想を上げる前に追記しました。

大事な事も忘れていました。
タイトルの「麒麟」です。
中国の神話?神仙物に登場する想像上の生物。
霊獣で仁ある王の治世に現れると言われているので平和な世を象徴するのに使われたのかと思います。

私としては小野不由美さんのファンタジー「十二国記」でお馴染です。
十二国記については又書いてみたいと思っています。



 

 

麒麟が来る

第1回 光秀、西へ

いきなり光秀の住む明智の里が野盗に襲われるシーンから始まりました。
何とか撃退しますが光秀は頭領の持っていた鉄砲の威力に驚きます。
明智は美濃守護代斎藤家の家臣ですが
光秀の叔母小見の方が斎藤家の当主道三に嫁いでいるので道三の娘帰蝶とはいとこになります。
鉄砲に興味を持った光秀は道三に掛け合い
病気の小見の方の為に名医を連れて来るとの約束と引き換えに京に向かいます。

道中比叡山の僧兵が旅人から通行税を脅すように取っている様子を見たり
琵琶湖を舟で渡ったりして堺に到着。
鸚鵡や南蛮人を出て来て堺らしさを演出。

光秀は鉄砲を求める先で幕臣三淵藤英と三好家の家臣松永久秀に出会います。
そして久秀から鉄砲を入手。
名医を探して望月東庵と助手の駒に出会い、盗賊に襲われ放火で住まいを失った東庵を連れ鉄砲ともども美濃へ。

簡単なあらすじはこんなところでしょうか。
導入部ですので当時の荒れた京の様子、堺の賑わい、これからのドラマの主な登場人物の紹介の回でした。

導入部としてはまずまず要領よくまとまっていたでしょうか。
来週隣国尾張に話が広がり信長なども登場してきて一気に面白くなりそうですね。

ただ一つだけ、衣装の色、質感が気になりました。
韓国ドラマのような派手ばてしい色彩感、一寸興ざめです。

主な登場人物

光秀 長谷川博己 母 石川さゆり
道三 本木雅弘 長男義龍 伊藤英明・・・・とても親子には見えませんけれどね
松永久秀 吉田鋼太郎 三淵藤英 谷原章介 東庵 堺正章  駒 門脇麦
など
語り 市川海老蔵